引っ越ししたリファレンスノート

トルコのLinux Archman OS特集

Archman OS日記 ブログ版 ⑤

---インストール後の設定 ② 日本語入力---

以下のコマンドを実行してFcitxとFcitx-mozcをインストール。

sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt5 fcitx-configtool

$ ~/.xprofile に

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=”@im=fcitx”

fcitx-autostart &

 を追記する。

qiita.com

 

〈関連記事〉

qrudo.hatenadiary.jp

 

qrudo.hatenadiary.jp

 

qrudo.hatenadiary.jp

 

qrudo.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

Archman OS日記 ブログ版 ④

---インストール後の設定 ①--


日本語でインストールした人は
ドックやファイラー、端末どれもこれも”ジャン牌”だらけになっている。
やっぱり英語でインストールしたほうがよかったかも。


gyazo.com

gyazo.com
ジャン牌だらけの端末で

sudo pacman -S otf-ipafont

 と日本語フォントをインストールすれば・・・

gyazo.com
使えるようになる。メデタシメデタシ。

 

〈関連記事〉

 

qrudo.hatenadiary.jp

 

qrudo.hatenadiary.jp

 

qrudo.hatenadiary.jp

 

 

 

 

Archman OS日記 ブログ版 ③

---インストール編・PCにインストール---

① BIOSの起動順位を変更する

デフォルトではHDDがトップになっているので、作成したブータブルUSB(USB Memory)と入れ替える。

f:id:qrude:20190319055624j:plain

では・・・インストール。

下の画像を参照にしてインストーローラーを動かす。

gyazo.co

あれっ!

日本語で設定できない。

英語でやれないこともないが、不安だったら一時的に日本語フォントを入れることにする。

端末 sudo pacman -S otf-ipafont

gyazo.com

ではインストローラーを再び動かしてみよう。

gyazo.comこれで日本語で設定できるようになった。

あとはインストローラーのガイドに沿ってインストールを行う。

 

次回、インストール後にやっておきたいこと・・・

 

 〈関連記事〉

qrudo.hatenadiary.jp

 

 

qrudo.hatenadiary.jp

 

 

 

Archman OS日記 ブログ版 ②

---インストール編・ブータブルUSBを作る ---

①Archman OSのisoフォルダーをダウンロードする。

distrowatch.comhttps://distrowatch.com

ダウンロードミラーから落とし所へ行き
isoフォルダーをPCに保存する

 

https://gyazo.com//3eb7fc42fab9011fa72074e9d31a5bc1gyazo.com

②ブータブルUSB作成アプリをインストールする

     Etcherで作る

     

www.balena.io

       mintstick (USB-image-writer)

aur.archlinux.org

gyazo.com

 〈関連記事〉

qrudo.hatenadiary.jp

 

qrudo.hatenadiary.jp